レディー・ガガ 激痛で欧州10公演中止 昨年9月に線維筋痛症を公表

[ 2018年2月3日 16:45 ]

レディー・ガガ
Photo By スポニチ

 米歌手レディー・ガガ(31)が3日、自身のツイッターを更新。体調不良のため、今月4日から23日まで予定されていたワールドツアーの残り欧州10公演を中止すると発表した。

 「激痛に苦しんでいる。辛抱強く待ってくれていた欧州のファンを思うと、(ツアー中止は)非常に残念で悲しい」などと明かした。ガガは1月28日のグラミー賞の授賞式に出席、パフォーマンスを披露したが、その後にまた症状が悪化した模様。ツイッターによれば、ガガは前夜に医療チームの治療を受けながら、公演中止を決断したという。

 ガガは昨年9月、全身の筋肉に痛みやこわばりが出る「線維筋痛症」を患っていることを公表。治療に専念するため、9〜10月の欧州ツアーを延期していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年2月3日のニュース