王将戦第3局始まる 先手番・久保王将初手は7六歩

[ 2018年2月3日 09:52 ]

 久保利明王将(42)に豊島将之八段(27)が挑む将棋の第67期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)第3局は3日午前9時、栃木県大田原市の「ホテル花月」で始まった。第1局は豊島、第2局は久保が制して1勝1敗。

 先手番の久保の初手は7六歩。豊島も3四歩と角道を開けた。互いに両端の歩を突き合った後、久保は角道を止めてから3局連続の四間飛車に構えた。

 立会人は木村一基九段、副立会人は佐藤紳哉七段、記録係は藤田彰一三段が務める。2日制で持ち時間は各8時間。午後6時に封じ手が行われる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年2月3日のニュース