研ナオコが復帰会見 全治3カ月の骨折リハビリを「1カ月で仕上げてくれとお願いした」

[ 2017年4月28日 15:39 ]

都内で復帰会見を開いた研ナオコ
Photo By スポニチ

 3月21日の舞台公演中に転倒し、右大腿骨の付け根を骨折して入院していた歌手・研ナオコ(63)が28日、都内で復帰会見を行った。

 杖なしで歩いて登壇した研は「(右足の付け根を抑えながら)ここに違うものが入っているんですが、段々と自分の骨になっていくのではないかと思うくらい順調な経過」と元気な姿をみせた。研は「いろいろな方に大変なご心配とご迷惑をおかけしました。関係者、ファンのみなさまに1日でも早い姿をみていただいて、あいさつできればいい」と元気そうな笑顔。全治3カ月のけがだったが、「病院のほうにもお願いして、3カ月かかるリハビリを無理にお願いして1カ月で仕上げてくれとお願いした。なんとか、杖なしで歩けます」と語った。

 研は山梨県甲府市で行われた梅沢富美男(66)との舞台「アッ!とおどろく“夢芝居”」の公演中に転倒。全治3カ月の「右大腿骨頸部骨折」と診断され、同月27日に人工関節に入れ換える手術を行った。手術後2日目からリハビリを行い、今月25日には自身のブログで退院したことを明かしていた。

 会見には、梅沢が花束を持って登壇し、「退院おめでとう」と祝福。冗談を言い合いながらの会見となり、和気あいあいとした雰囲気に包まれた。研は「先生が仕事でのリハビリが一番だって。仕事をやっていくことが前向きになっていく。普通の人よりも早く(完治へ)いくんじゃないかな」と語った。

 研がファンの前に登場するのは5月8日に大阪フェスティバルホールで行われる「小椋佳トリビュート・コンサート2017」。5月1日にはラジオ番組「研ナオコとともこのプチプチトーク」(月後6・20)が放送されるが、これは21日に病院で収録されたもの。また、転倒した舞台も5月15日の習志野文化ホールから再び出演する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月28日のニュース