石橋貴明の娘・穂乃香、夜のバイト生活明かす 最高ギャラは意外にも…

[ 2017年4月28日 12:09 ]

女優の石橋穂乃香(2010年1月撮影)
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「とんねるず」石橋貴明(55)の娘で女優の石橋穂乃香(27)が27日深夜放送のテレビ東京「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」に出演。舞台女優として活動しながらの、現在のアルバイト生活について明かした。

 18歳で芸能界入りしたが、7歳の時に意外な形で“テレビデビュー”をしていたという。小学校から帰宅すると、テーブルの上に画用紙と絵具やサインペンが置いてあり「『うたばん』と『とくばん』を書いてくださいと言われた」と穂乃香。自分が好きな色で自由に書いたところ、それが石橋がMCを務めたTBS系音楽番組「うたばん」(1996年〜)のタイトル文字に採用された。ギャラは、母親と自身の2人分のハワイまでのファーストクラスの航空券だったといい「これまで生きていて一番高いギャラだった」と笑顔で振り返った。

 ここ2年は舞台を中心に活動しているが、その収入だけでは経済的には厳しく、舞台出演の合間に「普通にアルバイトをしています」と明かした。飲食店と、夜はスナックでも働いているといい「一応、会員制って感じのスナックなんですけど…ね、来てくださいましたよね」と、MCを務める「次長課長」の河本準一(42)に水を向けて周囲を驚かせていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月28日のニュース