「JY」知英、桐谷主演の月9「好きな人がいること」主題歌歌う!

[ 2016年6月18日 19:05 ]

7月スタートの月9「「好きな人がいること」の主題歌を担当するJY(左)とミュージックビデオの監督を務める蜷川実花さん(C)フジテレビ

 元KARAで女優の知英(ジヨン、22)が歌手活動中のアーティスト名「JY」として7月11日スタートのフジテレビ月9ドラマ「好きな人がいること」の主題歌を担当することが分かった。

 「好きな人がいること」は湘南の海辺のレストランを舞台に、ケーキ作りに人生をささげてきたパティシエのヒロインがイケメン3兄弟とシェアハウスで“四角関係”の恋愛模様を繰り広げるロマンチック・ラブコメディー。主役は月9初主演となる桐谷美玲(26)、相手役を山崎賢人(21)、三浦翔平(28)、野村周平(22)がメーンキャストを務める。

 JYが歌う主題歌タイトルはドラマと同じ「好きな人がいること」。軽快なギターの音色と、明るいメロディーが印象的なアップテンポな楽曲で、友情から恋愛に発展していく、かわいらしい女子心を歌う。今回、JYは作詞にも挑戦。恋愛はもちろん、仕事、人生に対して、失敗を繰り返しながらも、何度もやり直せばいいよねという前向きな応援ソングで、曲中のフレーズ同様「何度も何度も」書き直したという。また、グアムで撮影されたミュージックビデオは写真家の蜷川実花さんが監督をつとめ、蜷川さんプロディースのチャペル、海、ショッピングモールなど全7シチュエーションで6パターンの衣装を着こなすなど、JYの新たな魅力が満載の作品となっている。

 「月9ドラマの主題歌になるなんて、本当に驚いていますし、うれしすぎて信じられませんでした。夏にピッタリのさわやかな曲なので、ドライブやビーチサイドにオススメです! たくさんの方に聞いていただき、ドラマと一緒に好きになってもらえたらうれしいです」とアピールした。

 知英は自身が出演した今年1月期の日本テレビ系ドラマ「ヒガンバナ~警視庁捜査七課」で主題歌を担当するソロアーティストのJYとして「最後のサヨナラ」で3月にソロデビュー。オープニングテーマ「RADIO」がiTunesのポップチャートで1位を獲得するなど話題となった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年6月18日のニュース