甲状腺の乳頭がん手術の府川唯未、術後も順調「日々回復しております」

[ 2016年6月18日 14:06 ]

1988年7月、写真集発売をPRするため、スポニチ本社を訪れた際の府川唯未

 甲状腺の乳頭がんを患っていることを公表した元女子プロレスラーでタレントの府川唯未(ゆみ、40)が18日、自身のブログで無事に手術が終わったことを報告し、寄せられた応援メッセージに感謝の言葉をつづった。

 ブログに寄せられたメッセージ一つ一つに目を通したという府川。15日に手術に臨んだが「皆様から沢山のパワーを頂き、手術に挑めました事、本当に心強かったです」。現在はドレーンと首の圧迫固定が外れない状況だが、この日は痛み止めを飲まずに過ごすこともでき、「日々回復しておりますので、もう大丈夫です」。術後が順調であることを報告した。

 さらに「支えてくれている家族や友人、ファンの皆様の為にも、1日も早く回復出来るよう頑張ります」と決意をみなぎらせ「また退院が決まりましたらご報告もさせて頂きます」と締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年6月18日のニュース