高須院長、郷ひろみから“お見舞い”に大量の水「ありがとうございます。ひろみくん」

[ 2016年6月18日 12:10 ]

美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長

 「肝のう胞感染」のため入院し、手術を受けた高須クリニックの高須克弥院長(71)が18日に自身のツイッターを更新。歌手の郷ひろみ(60)からお見舞いの品として大量の水が届いたことを明かした。

 病室で点滴中の高須院長は「郷ひろみ君からお見舞いの水がどっさり届けられた」と報告。届けられた水を「点滴できないのが残念」と惜しんだが、「さっそく飲みます。ありがとうございます。ひろみくん」と親交が深く、過去に高須クリニックのCMへ出演していた郷に感謝した。

 高須院長は15日に「5日前より腹がいたくなり原因不明の高熱で意識不明」などとつづり、入院。「肝のう胞感染 のう胞腫瘍の可能性」と診断され手術を受けたことを明かしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年6月18日のニュース