ダンディ坂野じゃない?“怪盗ナゲッツ” 人生初の始球式に興奮

[ 2016年6月18日 15:15 ]

試合前の投球式に「怪盗ナゲッツ」が登場。「ゲッツ」のポーズ

交流戦 ヤクルト―西武

(6月18日 神宮)
 神宮球場で行われたヤクルト―西武戦は「マクドナルド チキンマックナゲットDAY」と銘打たれ、試合前には正体不明のナゲットソースハンター「怪盗ナゲッツ」が始球式で投手役を務めた。

 お笑い芸人・ダンディ坂野(49)に「非常によく似ていると言われるが、全然違うもの」という怪盗ナゲッツ。黄色いタキシードに黒いハットをかぶり、見覚えのある「ゲッツ」のポーズをしながら登場した。人生初の一投はワンバウンドとなり「小、中と野球をやっていたので非常にテンションが上がった。楽しくできました」と興奮していた。

 始球式後には、ドナルド・マクドナルドと、ヤクルトの球団公式マスコットのつば九郎と“三者会談”が実現。つば九郎から「あさがやで ばいとは?」と聞かれた怪盗ナゲッツは「もう辞めたよ!」と大焦りした。またドナルド・マクドナルドに対しては「めいぷるちょうごうきんの ひとですか?」とお笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーに例えるも伝わらず、寂しげな表情を浮かべたつば九郎だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年6月18日のニュース