東洋大が始動 プロ注目の最速156キロ右腕・羽田野「プロ入りは一つの目標」

[ 2022年1月10日 12:14 ]

プロ入りを目指す東洋大・羽田野
Photo By スポニチ

 東都大学野球リーグ2部の東洋大が10日、埼玉県川越市のグラウンドで始動した。1部復帰へ向け、チームスローガンは「圧倒」。主将の小口仁太郎内野手(3年)は「春は全勝したい。無理だと思われるかもしれないが、一戦も落とせないという気持ちでやらないと1部には上がれないと思う」と誓った。

 投手陣も本格派が揃う。プロ注目の最速156キロ右腕・羽田野温生投手(3年)は「(リーグ戦は)春秋と結果を残していかないといけない。プロ入りは一つの目標」と宣言。

球速にはこだわりを持っており、「自分の持ち味は真っすぐ。大学で160キロを目標にやっています」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月10日のニュース