×

ヤクルトドラ2・丸山和 「野球の考え方聞いてみたい」古田臨時コーチとの対面心待ち

[ 2022年1月10日 05:30 ]

外野をダッシュする(左から)柴田、岩田、丸山(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトのドラフト2位・丸山和(明大)と3位・柴田(日本通運)も、古田臨時コーチとの対面を心待ちにした。

 50メートル5秒8の俊足が持ち味の外野手・丸山和は「名球会の副理事長もされている方。野球の考え方を聞いてみたい」と、その理論や知識を吸収しようと意欲満々。将来のストッパー候補である即戦力右腕の柴田は「数々の素晴らしい投手(の球)を受けてきたと思うので、どういう投手が勝てるのか聞いてみたい」と目を輝かせた。昨年はブルペンで奥川らの球を受けた古田氏。今回も誰とバッテリーを組むのか注目が集まる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月10日のニュース