広島・栗林が明かした妻への“プロポーズ大作戦”に岡田結実きゅんきゅん 丸も千賀も「すごいな!」

[ 2022年1月10日 17:23 ]

広島・栗林
Photo By スポニチ

 広島のリリーフエース、栗林良吏投手(25)が9日に放送された日本テレビ系の新春恒例特番「リポビタンスペシャル 超プロ野球ULTRA」(後1・00)に出演。プロ入り前に結婚した妻へのプロポーズ秘話を明かし、プロ野球選手たちから驚がくの声があがった。

 2020年ドラフト1位で広島入りし、21年シーズンは新人らしからぬ投げっぷりでリーグ2位の37セーブを挙げ、0・86という驚異の防御率でセ・リーグ新人王に輝いた栗林。昨夏の東京五輪でも守護神として活躍して侍ジャパンの金メダル獲得に貢献したが、名城大時代の同級生だった妻とはトヨタ自動車時代の2020年7月に結婚した。

 番組で妻へのプロポーズについて聞かれた栗林。「コロナ(禍)だったんで、レストランとかじゃなくって。僕の方が仕事終わるのが早かったんで、先に一緒に暮らしてた家に帰って。玄関から手紙をここ行って、ここ行って、みたいな感じで。最後にリビングに出て。『結婚してください』って言葉を伝えてプロポーズしました」とコロナ禍のステイホーム中らしいロマンチックな“プロポーズ大作戦”を明かした。

 この告白に、オリックスファンでもあるタレントの岡田結実(21)は身をよじらせ、何度も足踏みしながら「うわっ!カッコいい!」ときゅんきゅん状態。さらに巨人の丸佳浩外野手(32)も栗林の方を振り返りながら「すごいな!」と感心しきりで、侍ジャパンでチームメートだったソフトバンクの千賀滉大投手(28)も栗林の顔を見つめながら「すげーな!」と絶賛の嵐だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月10日のニュース