×

日本ハム・ドラ2有薗 殻破る!新庄監督から「目立て!」と助言

[ 2022年1月10日 05:30 ]

キャッチボールする有薗(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日本ハムの新人合同自主トレが9日、千葉・鎌ケ谷で始まった。ドラフト2位・有薗直輝内野手(18=千葉学芸)は、新庄監督が披露したキャンプ初日からの2軍視察プランを聞いて意欲百倍。「普通ならあり得ないことだと思う」と驚きながらも、「2軍に来てくれるのであれば、しっかりアピールして1軍に上がりたい」と力強く意気込んだ。

 キャンプの1、2軍振り分けは今後発表されるが、高卒新人は2軍スタートしてプロの練習に慣れていくのが一般的で、有薗自身もそのつもりでいる。通常なら1軍監督の目には触れづらい状況ながら、新庄監督は初日から2軍を見ると言いだした。1軍の名護キャンプと2軍の国頭キャンプの度重なる移動も辞さない考えとみられ、2軍にいても指揮官への直々のアピール機会がある。「チャンスが増えるのはありがたいこと」と、まさに降って湧いた好機を無駄にはしない。

 先月5日の新入団発表では、新庄監督から「目立て!」と助言を受けた。1メートル85、97キロの恵まれた体格の持ち主も、目立つのは苦手なタイプ。クラスで学級委員長の経験はなく、書記役などリーダーの陰に隠れてきたという。それでも「目立たないと1軍には上がれない」と、指揮官の“金言”を胸に自らの殻を破っていく。

 球団で高卒新人の開幕1軍入りは13年の大谷が最後。17年ドラフトで史上最多の7球団競合と注目度抜群だった清宮でも開幕は2軍だった。だが、高校通算70本塁打の大型内野手は言う。「こういう環境に入ってきたので、自分を変えてやっていきたい」。開幕1軍という大きな青写真を描き、一歩を踏み出した。(清藤 駿太)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月10日のニュース