西武がドラフト4位羽田慎之介に指名あいさつ 1メートル91左腕

[ 2021年10月22日 12:28 ]

同級生が制作した作品を持つ西武ドラフト4位・羽田 左は潮崎ディレクター
Photo By スポニチ

 西武がドラフト4位指名した八王子学園八王子の和製ランディ・ジョンソン、羽田慎之介投手に指名あいさつを行った。

 本拠メットライフドームは自転車で行ける距離に自宅がある地元っ子で、「(これから入る)寮の横をいつも通っていた」という。小学6年時にはライオンズジュニアにも選ばれた逸材で「長い間1軍で戦っていける選手になりたい」と笑顔を浮かべた。

 今年春には自己最速149キロを計測した左腕だが、左肘のケガで夏は登板できなかった。それでも西武の潮崎哲也球団本部編成グループディレクターは「ケガさえなければもっと高い評価だった。おかげで我々ができた。総合力の高い選手」と頬を緩ませた。

 ドラフト指名を受け、芸術コースの同級生が記念作品をプレゼントしてくれた。地元出身の「愛されキャラ」は「たくさんの人と話してみたい」と目を輝かせた。 

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月22日のニュース