本拠最終戦サプライズ登場 オリ・吉田正「有給休暇残ってる方は使っていただき」ファンへ応援呼びかけ

[ 2021年10月22日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス3-2西武 ( 2021年10月21日    京セラD )

<オ・西25>最終戦セレモニーであいさつする吉田正(中央) (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 右尺骨の骨折で調整中のオリックス・吉田正が駆け付け、本拠地最終戦セレモニーにサプライズ登場した。

 患部をサポーターで固定した状態で選手会長として笑顔であいさつ。「ナイスゲームでした。ホームゲームで貯金16。ファンのみなさんの声援のおかげだと思っています」と感謝。「ここからCS、日本シリーズとしびれる試合が続きますが、有休が残っている方は使っていただき、ともに戦っていきましょう」とユーモアを交えて呼びかけた。

 9月上旬に左太腿裏痛を発症。同下旬に代打やDHで復帰し、今月2日のソフトバンク戦で右手首に死球を受けて再び離脱した。中嶋監督は「足の方はかなり良くなっている。あとは手ですね」と現状を説明。一丸野球で主砲をポストシーズンに連れていく姿勢を示した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月22日のニュース