巨人 大竹の現役引退を発表 今季は故障でリハビリ生活続く

[ 2021年10月22日 10:50 ]

巨人・大竹
Photo By 提供写真

 巨人は22日、大竹寛投手(38)が今季限りで現役を引退すると発表した。

 20年目の今季は開幕1軍だったが、3試合に登板後、3月30日に出場選手登録を抹消。右足ふくらはぎの筋損傷など故障が重なり、リハビリ生活が続いていた。

 広島時代の12年に右肩の故障から復帰して11勝。巨人にFA移籍後の19年は中継ぎに活路を見いだし、32試合登板で通算100勝目も挙げた。「正直、クビを覚悟していた」という状態から、リリーフ陣に欠かせない存在になり、昨年までリーグ連覇に貢献した。

 ◇大竹 寛(おおたけ・かん)1983年(昭58)5月21日生まれ、埼玉県出身の38歳。浦和学院では2年夏の甲子園に出場。01年ドラフト1巡目で広島に入団。03年10月13日のヤクルト戦でプロ初勝利。08年に開幕投手を務め、12年には11勝を挙げてカムバック賞を受賞した。13年オフに巨人にFA移籍。オールスター出場4度。通算成績は375試合で102勝101敗17セーブ、防御率3.77。1メートル84、96キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年10月22日のニュース