中日・柳 投手4冠は絶望的…2冠は確保も今季最短2回KOに「悔しい」

[ 2021年10月22日 05:30 ]

セ・リーグ   中日1-6阪神 ( 2021年10月21日    甲子園 )

<神・中24>2回4失点で降板となった柳(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 中日・柳が4失点(自責2)を喫し、今季最短の2回で降板した。11勝5敗から、青柳の13勝5敗に並ぶことを目指したが、逆に6敗目を喫し、最多勝&勝率第1位は絶望的。防御率(2.20)と奪三振(168)の2冠は確実でも「悔しいです」と振り返った。

 打線も高橋に8回無得点に抑えられて今季3戦3勝を献上。しかも計24回で1点も取れず、与田監督は「いいピッチャーだけど、何とか攻略しないといけない」と新体制となる来季へ対策と奮起を望んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年10月22日のニュース