ヤクルト・川端「代打の神様」30安打で日本記録王手

[ 2021年10月22日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト7―11広島 ( 2021年10月21日    神宮 )

<ヤ・広>4回1死二、三塁、代打・川端は右前に適時打を放つ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 「代打の神様」がまた打った。2点差とされた直後の4回1死二、三塁でヤクルトの代打・川端が中前適時打。「取られた直後だったので1点でも取り返したかった。チャンスで打つことができて良かった」。

 勝利にはつながらずも代打での今季30安打目は07年の真中(ヤクルト)のシーズン最多安打のプロ野球記録にあと1。代打での18打点は88年の若松に並ぶ球団タイ記録となった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年10月22日のニュース