広島・林 3年目でうれしい2桁アーチ「甲子園でレフトに打てた時に自信になった」

[ 2021年10月22日 05:30 ]

セ・リーグ   広島11-7ヤクルト ( 2021年10月21日    神宮 )

<ヤ・広23>2回、2ランを放った林はナインに迎えられる(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 3年目の広島・林が自身初の2桁10本塁打に到達した。

 2回2死一塁、2ボールから小川の外角速球を左中間席に運ぶ先制2ラン。「目標にしていたので、絶対達成するという気持ちでずっとやっていました。9本目を(17日阪神戦の)甲子園でレフトに打てた時に自分の中で自信になった。逆方向に打てるようになったから10本まで行けたのかなと思います」。

 球団の高卒3年目以内での2桁本塁打は12年堂林(14本)以来となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月22日のニュース