阪神・坂本 さすがの好リード “先手必勝”の配球で竜打線を手玉 「自分ができる最大限を」

[ 2021年10月22日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神6-1中日 ( 2021年10月21日    甲子園 )

<神・中24> 勝利のタッチをかわす坂本(左から2人目)ら阪神ナイン(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 8試合連続で先発マスクをかぶった阪神の坂本が巧みなリードで勝利に貢献した。特に8回までは高橋の持ち味を存分に引き出した。

 「(中日は)若い子が多いし早打ちのイメージだったので、遥人とそういう話をして、結果が早くなるだろうと。どうして空振りを取るとか打たせて取るとか…」。直球、カットボール、スライダー、ツーシーム、チェンジアップなど多彩な選択肢から勝負球を決め、先手必勝の配球で相手打線を料理。1安打零封の主役は高橋でも、演出役は坂本と言えた。

 9回は緊急登板の小川を粘り強く支え、試合を締めた。攻撃でも2回無死二、三塁から二塁後方への飛球が落球を誘い、柳攻略を呼んだ。「勝つしかない。自分ができる最大限をやってチームが勝てるように」。残り3試合も持てる引き出しをフル活用し、チームを勝利に導く。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年10月22日のニュース