広島ドラ3・中村 狙うは菅野の剛速球「速球打ちを磨いてきた」 守備はすでに上位クラス

[ 2021年10月22日 05:30 ]

先輩・栗林のサインが入ったスラィリーのぬいぐるみを笑顔で抱えるトヨタ自動車・中村健人
Photo By スポニチ

 広島からドラフト3位指名を受けたトヨタ自動車・中村健人外野手(24)が21日、愛知県豊田市で松本有史スカウトらから指名あいさつを受け「巨人の菅野投手や中日の大野雄投手の速球を打ちたい。プロが空振りするボールをはじき返したい」と意気込んだ。

 栗林を輩出した強豪チームの4番を担う右のスラッガー。「大学(慶大)で指名漏れした時、155キロを本塁打にする自信はなかったので、入社後は速球打ちを磨いてきた」と言う通り、速い球にめっぽう強く、長打力や勝負強さも兼ね備える。

 若手の有望株がひしめく広島の外野争い。担当の松本スカウトは「パンチ力があるし、若い時の長野のように三拍子そろうタイプ。肩や球際が強く、守備範囲も広い。守備は上の方に入る」と太鼓判を押す。中村健の加入で勢力図がどう塗り変わるか、楽しみだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月22日のニュース