西武・内海 来季も契約結ぶ方針 18年まで巨人でともにプレー亀井の引退に「寂しすぎます」

[ 2021年10月22日 05:30 ]

西武・内海
Photo By スポニチ

 西武が内海哲也投手(39)と来季も契約を結ぶ方針であることが21日、分かった。内海は18年オフに巨人にFA移籍した炭谷(現楽天)の人的補償として加入。移籍3年目の今季は2試合に先発し、6月10日のDeNA戦で本拠地初勝利を挙げた。2軍では14試合で5勝2敗、防御率3.26だった。野球に取り組む姿勢は若手の手本とも評価されている。

 この日は18年まで14年間巨人でともにプレーした亀井が引退を発表。「寂しすぎます。まさか、という気持ち。まだできると思いますが、第二の人生を応援します!」と球団を通じてエールも送った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月22日のニュース