阪神・ロハス 先発起用応えた 難敵・柳を攻略マルチ「まだまだ貢献できる」

[ 2021年10月22日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神6-1中日 ( 2021年10月21日    甲子園 )

<神・中24>2回無死一塁、右翼線二塁打を放ち、塁上でポーズを決めるロハス(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 得点の起点となる価値ある安打だった。阪神のロハス・ジュニアが2試合ぶりに先発し、3試合ぶりのマルチ安打。まずは2回だ。無死一塁からバットを折りながら外角低めのチェンジアップを右翼線へ運んだ二塁打で好機を拡大し、島田の2点適時二塁打を呼び込んだ。

 「うまく崩されたけど、何とか残って、バットの先で捉えることができて良かった。チェンジアップが決め球として持っていることは頭にあった」

 難敵・柳には過去6打席無安打に抑えられていた。ウイニングショットを仕留める成長ぶりで待望の初安打を奪い、チームを鼓舞した。7回1死二塁では鈴木のツーシームを右中間へはじき返す二塁打で貴重な追加点もたたき出した。

 「追加点がほしいところで、いい形で点が取れた。全部勝つつもりでチームに貢献できるようにやりたい。まだまだ貢献できる」

 奇跡へ向けてファイティングポーズは崩さない。残り3試合も出番が来れば打つだけだ。(山本 浩之)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年10月22日のニュース