ソフトバンク・今宮 走者と衝突し負傷交代 工藤監督「普通に近い感じで歩いてはいたが」

[ 2021年10月22日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2-2日本ハム ( 2021年10月21日    ペイペイD )

<ソ・日25>2回1死一塁、杉谷の時、一走の高浜が二盗決め、接触し左足を痛めた今宮(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・今宮が遊撃守備で負傷し、途中交代した。

 0―0の2回無死一塁で、一走の高浜が二盗。捕手の甲斐が二塁送球した際に高浜と衝突し、その場に倒れ込んだ。小久保ヘッドコーチ、工藤監督が駆けつけてスタッフによって担架でベンチへと戻った。セレモニーには参加し歩行した。

 工藤監督は「病院に行く予定。受診してもらった上でどうか。普通に近い感じで歩いてはいたが」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月22日のニュース