ロッテ育成4位の幕張総合・村山「アジャ2世」目指す 体重104キロ「打撃で一番目標にしている」

[ 2021年10月22日 05:30 ]

村山(右)は幕張総合の校舎を、担当の小林スカウト(左)は約2キロしか離れていないZOZOマリンを指さす
Photo By スポニチ

 ロッテから育成4位で指名された幕張総合の体重104キロ捕手の村山が「アジャ2世」を目指す。ZOZOマリンから徒歩20分、約2キロの同校で指名あいさつを受け「地元で優勝争いしているチームに入れる実感が湧いてきた。まず支配下が目標」と語った。

 今夏の千葉大会2回戦敗退も高校通算38本塁打の長打力と遠投110メートルの強肩が武器。憧れは体重114キロのアジャこと井上で「打撃で自分が一番目標にしている選手です」と目を輝かせる。ドラフト1位は同じ捕手の松川(市和歌山)で「いろいろ聞きながら成長したい」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年10月22日のニュース