つば九郎「3つかとう。3つかつ。それだけ」と気合入れ直す 6年ぶりVへ「たりきほんがんは、やめた~」

[ 2021年10月22日 14:28 ]

ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」
Photo By スポニチ

 ヤクルトの人気マスコット「つば九郎」が22日、自身のブログを更新。「3つかとう。3つかつ。それだけ」と6年ぶり優勝へ気合を入れ直した。

 「めのまえの1つ。」のタイトルでブログを更新。「ないたーかんせんは、むいさ~でしょうね~。つばくろうてきには、しーずんいんです~でへへ」と謎?の発言から書き始めると、7回に一挙7失点して7―11で敗れた前日21日の広島戦(神宮)の試合中の様子について「ひっくりかえせ~!おこのみやきです。ひっくりかえせ~!」などとまずは前向きに振り返った。そして、その後で「3つかとう。3つかつ。それだけ」とキッパリ。「たりきほんがんは、やめた~」と“前言撤回”した。

 つば九郎は21日の試合前に更新したブログに「たりきほんがんとしては、どらごんずにも『ねん』。やなぎくん、まかせた~へでで」と、2位・阪神と対戦する中日ナインと先発右腕・柳裕也投手(27)へ“虎狩り”をちゃっかりお願いしていた。だが、中日は1―6で敗れ、ヤクルトも負けたためマジックは試合前の3から変わらず。最短Vは23日となった。

 それでも「~ぜったいだいじょうぶ~」と高津臣吾監督(52)が9月7日の試合前ミーティングで発した言葉を改めて記したつば九郎。前夜の試合後にもアップしたマジックペン3本の写真を再掲してブログを締めくくった。

 ヤクルトは22日も神宮で広島と対戦予定。阪神は試合がないが、ヤクルトが勝てば自力でマジック2となり、2015年以来6年ぶりの優勝に王手がかかるところだったが、つば九郎のブログアップから約1時間後に天候の回復が見込まれないため中止となった。23日は敵地の東京ドームで巨人と対戦する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月22日のニュース