阪神・板山「今年こそは」、レッズ・秋山塾に覚悟の再入門 結果で師匠に恩返しだ

[ 2021年1月21日 05:30 ]

静岡県下田市での合同自主トレを打ち上げた(前列左から)阪神・板山、西武・鈴木、レッズ・秋山、ソフトバンク・上林、DeNA・細川(後列左3人目から)加藤優、浅野桜子、山崎まり(球団提供)
Photo By 提供写真

 阪神・板山が20日、静岡県下田市で行っていたレッズ・秋山らとの合同自主トレを打ち上げ、6年目の今季に向けて手応えを示した。

 「昨年結果が出なかったので今年こそはと強い覚悟を持って、参加させてもらった。(自己採点は)80点ぐらい。やるべきことはできたと思うし追い込むこともできたのでよかった。この自主トレのおかげと言えるようにシーズンで頑張りたい」

 昨年に続き、秋山に弟子入り。今年は打撃のレベルアップをテーマに置き、「タイミングの取り方やトップの位置」など多くの収穫を得た。昨季は1軍5試合出場で打率・167と低迷も、イズム吸収で自信は深まった。あとは結果で“師”に恩返しするだけだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月21日のニュース