Bジェイズ FA野手目玉スプリンガー&救援右腕イェイツと合意 マー君去就影響か

[ 2021年1月21日 05:30 ]

ジョージ・スプリンガー(AP)
Photo By AP

 ブルージェイズが、アストロズからFAのジョージ・スプリンガー外野手(31)と6年総額1億5000万ドル(約156億円)で契約合意したと19日、球団公式サイトが伝えた。パドレスからFAの救援右腕カービー・イェイツ投手(33)とも、出来高などを含めた総額で1000万ドル(約10億4000万円)の1年契約で合意したと伝えた。

 スプリンガーは通算174本塁打を誇る強打者でFA市場の野手の目玉だった。昨季は不振だったイェイツも19年に両リーグ最多41セーブを挙げるなど実績は十分。積極的な補強を続けるブ軍は、ヤンキースからFAで退団濃厚となっている田中の移籍先候補にも挙がっており、右腕の今後の交渉にも影響を及ぼしそうだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月21日のニュース