巨人加入の梶谷 鍵握る3Sは「坂本」、体重「セーブ」、ノン「ストレス」

[ 2021年1月21日 05:30 ]

神奈川県内で自主トレを行った巨人・梶谷(球団提供)
Photo By 提供写真

 DeNAからFA移籍した巨人・梶谷が神奈川県内で自主トレを実施。2月1日は「S班」で東京ドームでキャンプインするが、今季のポイントに挙げるのは3つの「S」だ。

 まずは同学年の「坂本勇」。原監督の構想では1、2番コンビを描いており「1番は打ちたい。打線を引っ張っていければ」と昨季初めてマークした打率3割継続と出塁率4割を狙う。次に体重の「セーブ」。16年オフにどら焼きを爆食いし10キロ増。現在も当時と同じ88キロだが「キャンプ中は太ってしまうので、90キロまでで止めたい」と管理を徹底する。

 最後は「ストレス」をためない。どら焼きで増量した男が挙げた好きな道具は「どこでもドア」。瞬間移動とはいかないが、キャンプ序盤は自宅から球場に通えて移動の負担は少ない。同年代の選手も多く「楽しみが大きく、新入社員の気持ち」と胸を躍らせた。(田中 健人)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月21日のニュース