日本ハム・西川 4000万円増で更改 挫折味わうも前向く「プレー以外でも元気づけられることを」

[ 2021年1月21日 14:47 ]

<日本ハム・西川契約更改>契約を更改し色紙を手にする西川(撮影・沢田 明徳) 
Photo By スポニチ

 ポスティングシステムでのメジャー移籍はかなわず、日本ハム残留を決めていた西川遥輝外野手(28)が21日、千葉・鎌ケ谷の球団施設で契約更改交渉を行い、4000万円増の2億4000万円で更改した。

 「(移籍希望で)元々いないものなのに、アップ評価して頂いたのでサインしました。1年契約です」。球団にあらためて頭を下げた西川だが、簡単には立ち直れない心境を吐露した。

 「アメリカに行くのは簡単じゃない。自分の実力のなさを痛感するとともに、人生で味わったことのなかった挫折を感じました。今回のことで立ち直れない自分がいた。メンタル弱いんだな。こんな年末年始もうないや…と」

 それでもプロ野球選手としてトレーニングは継続した。「何もしないのは苦しかったし…。個人的な目標は今考えられないけど、チームの目標は優勝しかかない」。移籍を断念した以降はオリックス・吉田正尚らと沖縄での自主トレを実施。「正(吉田)は首位打者と最多安打(のタイトル)を獲っているし」と1年後輩を刺激に、汗をかいてきた。

 今オフには海外FA権を取得する。「ボクの中では(行使を含め現時点で)考えられていない」としながら「常に高いレベルを求めていく。成績を残すことが絶対条件。どこにモチベーションを持って行くことが大事になる」と発言。さらに「世の中は先行き不透明だけど、また日本でプレー出来るので、プレー以外でも皆さん(ファン)を元気づけられることを求めていきたい。それが自分の成長につながると思う」と話した。(金額は推定)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月21日のニュース