阪神・小幡の初安打球とバット 甲子園歴史館で展示 23年ぶり10代野手の初安打

[ 2020年8月28日 13:02 ]

<神・中(12)>5回1死、プロ初安打を放った小幡(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 27日中日戦でプロ初安打を含む2安打を放った阪神・小幡竜平内野手(19)のプロ初ヒットのボールと、使用されたバットが今日28日から甲子園歴史館で展示されている。

 初ヒットのボールに関しては9月27日までの期間限定展示となっており、歴史館担当者は「阪神で10代野手の初安打は23年ぶりの快挙ですので、大変貴重なプロ初ヒット達成ボールと実使用バットを展示させていただき、甲子園歴史館としても大変嬉しく思います。今後も益々ご活躍いただき、展示品が増えていくことを期待しております」とコメントした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年8月28日のニュース