DeNA・井納が投打のヒーロー 4回に決勝2点タイムリー&6回途中2失点で5勝目

[ 2020年8月28日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA3―2広島 ( 2020年8月27日    横浜 )

<D・広>4回1死一、二塁、2点適時二塁打を放つ井納(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNA・井納が6回途中2失点の粘投で今季5勝目。広島戦は3戦3勝となった。

 1点を勝ち越された直後の4回はバットで自らを援護。1死一、二塁からバントも考えられる場面だったが、強攻策に応えて初球の直球にバットを合わせると、打球は前進守備の右中間を破る決勝の2点適時二塁打となった。「たまたま。素直にうれしかったです」。

 ラミレス監督は「井納は広島に対してかなり打っているので打たせた」と采配的中に上機嫌だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2020年8月28日のニュース