広島・誠也 しとめた決勝2ラン 2打席凡退で「吹っ切れた感じで打席に入った」

[ 2020年7月30日 05:30 ]

セ・リーグ   広島2-0中日 ( 2020年7月29日    マツダ )

<広・中(8)>6回2死一塁、鈴木誠は中越えに2点本塁打を放ちピレラと笑顔でエアタッチ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・鈴木誠は、両チーム唯一の打点となる決勝弾で決着をつけた。両者無得点で迎えた6回2死一塁。初球から2球連続で続いたチェンジアップを打ち返すと、打球はライナー性のまま中堅右に着弾した。21日の阪神戦以来となる9号2ラン。「ちょっと浮いてきました。たまたま」。それまで2安打に抑えられていた松葉の数少ない失投をひと振りで仕留めた。

 相手先発の松葉に3回まで無安打。初回から4イニング連続で9球以下と単調な攻撃が続いていた。鈴木誠も2回に3球見逃し三振、4回に遊飛併殺と抑えられた中で頭の中を整理した。「1打席目考えて、2打席目もタイミングの取り方を変えてもダメで、吹っ切れた感じで打席に入った。いろいろ考えて打席に立つことで吹っ切れることがある。それが今日の本塁打だったのかなと思う」。佐々岡監督からは、「あそこで4番の仕事をしてくれていい勝ち方ができた。誠也も意地があったと思う」と称えられた。

 9試合連続安打と結果を残しても、チーム状況に表情が晴れない日が続いていた。「まとまり(が必要)だと思う。いまは、“カープでラッキー”と思われているかもしれない。相手にどう思われるかが大事。みんなで一つのところに向かっていかないといけない。少しずつ変わってきているので、このままいければと思います」。26日のDeNA戦で6点差を逆転し、敗れた前夜28日も7回に一時逆転。決勝弾の手応えよりも、ナインの上昇気配に前を向いた。 (河合 洋介)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年7月30日のニュース