185センチ大型捕手の高野山・植 好リードで存在感 プロ志望届は提出しない意向

[ 2020年7月30日 05:30 ]

和歌山大会2回戦   高野山4-3向陽 ( 2020年7月29日    紀三井寺 )

<高校野球和歌山大会2回戦 高野山・向陽>桂(左)との身長差のある凸凹バッテリーで接戦を制し、笑顔の高野山・植(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 和歌山・高野山の1メートル85の大型捕手・植幸輔は5番として、3回戦進出に貢献した。

 2回先頭で中前打を放つと、2死一、三塁から暴投の間に先制のホームイン。4打数1安打に終わったが、粘り強いリードで桂飛勇己(ひゅうき)の3失点完投勝利をアシストした。

 「今日は全然打てなかったので次は守備でしっかり最少失点で切り抜けて、もっと打てるよう頑張ります」。この日は巨人、ソフトバンクのスカウトも視察。プロ志望届は提出せず、大学か社会人で野球を続けることを希望している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月30日のニュース