日本ハム・栗山監督 右肘手術明け清宮に「打つのが仕事。どれだけ打つのかが勝負」

[ 2020年5月25日 05:30 ]

日本ハム・清宮
Photo By スポニチ

 右肘手術明けでキャンプ中はスローイングを制限していた日本ハム・清宮について、栗山監督が「普通に投げられるようになったと報告を受けている。ただ、(清宮は)打つのが仕事。どれだけ打つのかが勝負」と語った。

 自主練習期間、そして現在のグループ練習でも千葉・鎌ケ谷で練習する選手には接していない。25日の誕生日で21歳になった清宮ら若手の成長を「この期間にやってくれていると信じている」と楽しみにしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月25日のニュース