ロッテ・井口監督 開幕へ「ようやく進んでいける」河合オーナー代行「何が何でも優勝を」

[ 2020年5月25日 19:47 ]

ロッテ・井口監督
Photo By スポニチ

 6・19開幕へ向けて、ロッテの井口監督と河合克美オーナー代行が25日、球団広報を通じてコメントを寄せた。

 ▼井口監督 開幕日が決まったということで、ようやく自分も選手たちも目標に向かって、進んでいけると思います。開幕日が決まらない状況で選手たちは難しい調整の日々が続いていました。その中でシーズンを戦える体を作り、感染症予防を徹底しながらプロとしての体調管理をしっかりと行ってくれたことを誇りに思いますし感謝をしています。イレギュラーなシーズンで試合数も減りますが、その中で今年のチームスローガン『突ッパ』をもう一度、思い出して戦い抜く、勝ち抜く。そんな一年にします。今まで経験したことがない戦いの中で思いがけない事もあるかと思いますが、どんな逆境にも負けず、勝利を目指して戦い抜く姿を見せることでファンの皆様に喜んでもらいたい。そう考えています。スタートから突っ走っていきます。

 ▼河合オーナー代行 コロナとの闘いという厳しい状況の中、プロ野球を開催する意義は日本に勇気や希望を提供させていただくことだと思っています。それが我々の使命です。その上でチームとしてはキャンプ前に約束させてもらったように何が何でも優勝を目指します。この期間も井口監督をはじめ選手、スタッフみんながそこに向かう気持ちをぶれることなく準備をしてくれていました。ファンの皆様、ぜひ期待をしていただければと思います。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月25日のニュース