オリ山岡 開幕投手“復帰”濃厚 カード再変更で“楽天キラー”に再び白羽の矢

[ 2020年5月25日 05:30 ]

オリックス・山岡の登場ムービー
Photo By 提供写真

 オリックス・山岡泰輔投手(24)が開幕投手に“復帰”することが24日までに濃厚となった。6月19日の開幕なら本拠地・京セラドーム大阪での楽天戦が有力視されることから、“楽天キラー”として再び白羽の矢が立ちそうだ。

 当初は「3・20開幕」に合わせてキャンプ中に内定していたところ、延期を受けて対戦相手に合わせて山本との両にらみ案へ方針転換。「4・24開幕」案が浮上した際には西武との対戦だったこともあり、昨季3戦2勝(0敗)で防御率0・37と得意にしていた山本が内定し、本人にも通達された。

 山岡は昨季楽天に対して7戦6勝(1敗)の好相性。きょう25日に新たな日程が明確になり次第、改めて2年連続2度目の開幕投手に指名される見通しだ。オリックスは金子(現日本ハム)が完封勝利した10年を最後に球団ワーストの開幕戦8連敗中。リーグワーストを更新する危機で快投に期待が懸かる。

 開幕が見え、本紙は浮沈の鍵を握るダブルエースの新登場ムービーを独自入手した。主催試合で山岡と山本がマウンドに上がる際に場内ビジョンで放送される。当面は無観客ながらファンと盛り上がる演出を製作済みで準備は万全。山岡は「今までにないような動画だと思います。早く球場でファンのみなさんに見てもらいたいです」と心待ちにし、山本も「とても、こだわってもらいました。格好いい動画だと思いますし、早くファンのみなさんの目に届いてほしいです」と開幕を待望した。

 ○…オリックスが開幕戦を本拠地で迎えると、17年以来3年ぶり。開幕戦で最後に勝ったのは10年で、11年は引き分け、12年から昨季まで8連敗中。引き分けを挟まないものでは52~59年の東映(現日本ハム)に並ぶパ・リーグワースト記録だ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月25日のニュース