「日本一早い阪神優勝マジック点灯」の尼崎中央3丁目商店街、開幕日決まりチビっ子ら歓喜 もうV確信

[ 2020年5月25日 17:52 ]

“日本一早い阪神・優勝マジック”の点灯を待つ尼崎中央3丁目商店街
Photo By スポニチ

 プロ野球開幕が6月19日に決定。日本一早い阪神優勝マジック点灯で知られる兵庫・尼崎の「尼崎中央3丁目商店街」では25日、「今年も応援する」と阪神のキャップをかぶった小学4年男児が明るい声をあげた。

 例年、開幕2日前に尼崎えびす神社の宮司や商店街関係者が集まって「優勝祈願祭」と「マジック点灯式」を開くが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のためプロ野球の開幕が無期延期に。恒例行事もすべて延期となった。ようやく来月19日の開幕日が決定。同商店街・寺井利一理事長は「3密を防ぐために、祈願祭は中止。マジック点灯式のみをやる予定です」と行事を縮小して17日に開催する予定を明かした。

 寺井理事長はコロナ禍で「ひょっとしたら、今年は開幕が無理かも」と危惧していたそうだが、ホッとひと安心。「春のキャンプも見に行ったが、今年は絶対に優勝すると確信している」と自信満々に話す。さらに「最初は無観客だが、年間予約席を持ってるので、早く甲子園のスタンドで応援したい。1日も早くマジックが0にならんかな」と今から胴上げの日を待ちわびている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2020年5月25日のニュース