阪神ドラ6・小川「下克上開幕1軍」狙う

[ 2020年5月25日 14:14 ]

<阪神集合練習>オンラインで取材に応じる小川

 阪神のドラフト6位・小川一平投手(22、東海大九州)が25日のオンライン取材に対応した。1位・西純(創志学園)ら高校生中心の指名となったルーキー6人中(育成除く)、指名順は最下位ながら唯一の大卒。強気の投球が持ち味の右腕は開幕1軍への意気込みを口にした。

 「真っすぐで押していける投手というのを前面に出していきたい。そこをアピールしていければ。ここ(甲子園)で練習できているので、このまま開幕1軍というのを目指してしっかり練習していければと思います」

 この日は新人ながら招集されている甲子園球場での「集合練習」で投内連係にも参加。コロナ禍でチーム活動が一時停止する前にも1軍に同行しており、3月24日の練習試合・DeNA戦では地元の神奈川県へのがい旋登板で2回1安打無失点の快投を見せた。150キロ近い直球を軸に、カットボール、チェンジアップも魅力の本格派。層の厚いブルペン陣の一角に加わるべくアピールを続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月25日のニュース