MLBコロナ対策 選手側が緩和要請 カ軍デジョング「グラウンドでは自由な活動を」

[ 2020年5月22日 02:30 ]

 大リーグ機構が選手側に提出した開催案を巡って複数の選手が新型コロナウイルス対策の緩和を主張していると、スポーツ専門局ESPNが報じた。対策文書には1日2回の検温のほか、ハイタッチ禁止、シャワールーム使用禁止などが盛り込まれている。

 カージナルスの内野手デジョングは「クラブハウスやグラウンドでは自由な活動を期待する」と話し、マーリンズの救援右腕キンツラーは「体の回復に役立つ施設を利用できないことは問題だろう」と指摘した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月22日のニュース