巨人・ビエイラ 投球練習で160キロ MAX167キロ右腕「まだピークに達していない」

[ 2020年5月22日 05:30 ]

東京ドームで練習を行った巨人・ビエイラ
Photo By 提供写真

 巨人は、東京ドームで実戦を想定した練習を行い、新外国人のビエイラが投球練習で160キロをマーク。最速167キロ腕の片りんを見せ「まだピークに達していない。感覚は良かった。球も強くなってきているのが分かる」と胸を張った。

 開幕投手に内定している菅野はブルペンとマウンドから計40球を投じ「バランス良く投げられている。コントロールもある程度のところに投げられました」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月22日のニュース