西武・源田 プロ・アマの規定変え「高校生と一緒に何かできたら」

[ 2020年5月22日 05:30 ]

オンライン取材に応じる西武・源田(球団提供)
Photo By 提供写真

 西武の源田が、メットライフドームでの練習後にオンライン取材に対応し、夏の甲子園中止を受け「個人の意見として、プロ、アマの規定を変えて高校生と一緒に何かできたらと思う。もちろん規定を変えるのは難しい点はあるが」と提案した。

 母校の大分商は、今センバツに23年ぶりに出場予定も同大会が中止となった。自身は甲子園出場は果たせなかったが「完全燃焼して次のステップへ行けた。僕は大学、社会人と進んでプロになれた。前を向ける日が来たら前を向いて進んでほしい」と語った。

 プロ野球の開幕に向けては「僕らが野球をできているのは当たり前じゃないと再確認した。いろんな方の協力があって開幕しようとしているので、元気を届けられるプレーをしないと」と話した。 (大木 穂高)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月22日のニュース