プロ野球選手会・森事務局長「前向きにいろいろと検討」 夏の甲子園中止で救済策模索

[ 2020年5月22日 05:30 ]

 夏の甲子園大会の中止を受け、寄付などの救済策を検討している日本プロ野球選手会の森忠仁事務局長は「各都道府県の動きを見ながら、前向きにいろいろと検討していきたい」と話した。

 中止に伴い、無観客となることが確実ながら地方大会を開催したい意向の高野連を財政的に援助したい考えで、今後は「12球団の選手会とも相談をしていく」と森事務局長。より具体的な支援策を模索していくことになる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月22日のニュース