鳥取県・平井伸治知事 野球含めた高校スポーツ代替大会開催を表明 都道府県単位での支援は全国初

[ 2020年5月22日 05:30 ]

 鳥取県の平井伸治知事(58)が21日、県独自の高校スポーツの代替大会を開催すると表明した。今夏開催で、一部の試合はネット中継する。県によると、コロナ禍で中止となった高校スポーツの代替大会を都道府県単位で支援するのは全国初だという。「みんなで夢に向かって挑戦をする、そういう夏を我々もプレゼントさせていただきたい」と語った。野球を含む全競技合計で、約1000万円の補正予算案を6月定例県議会に提出するという。県高野連の田村嘉庸理事長は感謝の意を示し「例年通り、1回戦から決勝まで真剣勝負の大会を開催したい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月22日のニュース