矢野監督に言わされた?阪神・島田、今季目標を「スタメンで活躍」に上方修正

[ 2020年5月22日 05:30 ]

真剣な表情でバント練習をおこなう島田(球団提供)
Photo By 提供写真

 オンライン取材を受ける阪神・島田の様子がどうもおかしい…。画面と違う方向を見て言葉に詰まっている…。次の瞬間、横から矢野監督が乱入してきた。

 3月22日のヤクルトとの練習試合(神宮)で放った本塁打の話題の時だった。動揺して「たまたまかもしれないですけど…」と謙遜すると、すかさず「たまたまちゃうやろ。実力やろ?」とツッコまれ、「実力です。苦手な高めの球だったので、自信になりました」との回答を変えた。

 乗り切ったかに思えたが、今度は「何をアピールするの?」と問われて「一番は走塁。代走から…」とまた控えめに答えてしまい、「え、代走からなん?」「そうなん?」と、もはや記者と化した指揮官の質問攻めに合った。最後は「いえ、一番はスタメンで活躍することです!」と目標を上方修正し、笑顔交じりの安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 いまは「言わされた目標」でも、いずれは現実にするつもり。福留、糸井、サンズ、同世代の近本、高山ら強力なライバルが顔をそろえる外野争いにおいて、実績の差を跳ね返す気は満々だ。

 「大卒の3年目でチャンスは多くない。今年こそやるんだという気持ちを1年目、2年目より強く持っている。俺がやる、という気持ちをもってやっているところです」

 鳴尾浜施設で自主練習期間を過ごし、「分離練習」から甲子園組に合流した。オープン戦では15打数5安打の打率・333を記録するなどブレークの予感漂う24歳。最短開幕6・19に照準を合わせ、まずは2年ぶりの開幕1軍をつかみとる。(巻木 周平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月22日のニュース