阪神・球児 近づく開幕へ抱負「リアルなスポーツをお見せできるように」

[ 2020年5月22日 05:30 ]

笑顔をのぞかせる藤川(阪神タイガース提供)
Photo By 提供写真

 阪神の藤川球児投手(39)が21日、失意の高校球児に再起を望むメッセージを送った。前日20日に今夏の甲子園大会の中止が正式に決定。自主練習後のオンライン取材に応じた。

 【藤川に聞く】
 ――夏の甲子園が中止になった。
 「プロ野球の世界に進んだ選手たちからも、たくさんの同じような思いと言いますか、悲痛ですとか、胸が痛いです、っていうような気持ちはありましたから。学生のみんなが、親御さん含めて、あとは学校の先生方の指導に委ねるというか、そういうふうなことしか言えないですけど」

 ――高校球児にはどんな言葉を。
 「その他の部活動と同じように、インターハイもなくなってますから、同じ気持ちの選手、生徒たちが学校にあふれてるわけですよね。自分たちだけではない。3年間培ってきた厳しい練習、子供の時からプライベートを捨てて部活動に取り組んできた…。他の部活動の生徒も同じですけど、その気持ちを忘れないようにさらに強い気持ちにしていくという。自分への試練ですよ。それが社会人になってもそういう時はある。学校生活が取り戻されてきた時に、胸張って、模範となるような生徒たちであることを願いますね」

 ――分離練習も始まった。
 「野球というのは小学生から、生まれてお父さんと遊びで野球をする子供たちから、今の自分たちのようなプロ野球と言われるところでやる人間まで、全てが同じ気持ちでやっていると思うんで、純粋に野球に打ち込ませてもらっていることに感謝してやっています」

 ――異例のシーズンになる。
 「監督、コーチの方々が自宅で待機の時間がものすごく長かった。自分たちが仕事として野球に携わっているという部分を考えれば、プロとしての本質が問われるようなシーズンになると思います」

 ――現在の調子は。
 「シーズンが始まった時にのみ分かるもの。今は健康に、コロナのこともありますので距離を保ちながら、その中でも十分に自分の家族含めて日々の幸せを探しながら生活できているので。たくさん大変な方がいらっしゃると思いますけど、その中で小さな幸せを幸せに感じられるかどうかっていうのが生きていく中で非常に重要だと思うので、そこは十分に感じてやっています」

 ――開幕に向けて。
 「まだ全体練習というのは始まっておりませんので、始まり次第、監督からチームの指針というか、どういうふうにいくぞ、戦っていくぞ、また、ファンの方に向けて、野球ができていないみんなに向けての戦い方、日々の過ごし方含めて話もあると思いますから。それを受けて、もう一段階上げた精神状態に持っていきたいし、そういうふうに上がってくると思ってます」

 ――アスリートとしてどんなことを見せたい。
 「開幕ができたとして、その時は無観客になるとは思うんですけども、普段から球場に来られてる方以外のテレビを見たり、ラジオを聴いたり、新聞紙面合わせて楽しみにしてるファンの方もたくさんいますので、そういう世の中に対してリアルなスポーツをお見せできるように…というのは普段から心がけてきた。お客さんが入っていない中でどれだけ真剣度が画面を通して伝わるか。応援をしに来て、ストレス発散してっていうふうに今まで球場に足を運んでくれた皆さんのためにも、そういう日々が取り戻されることを願いながら、一日でも早く球場に生で野球が観られるような環境が整うことを願うばかりです」

 ――今後の調整で確認事項は。
 「現状ではありません。シーズンが行われていて、その段階で5月の今日の日っていう感覚で1週間を過ごしていた。とにかく自分ができることは、開幕すれば、野球というスポーツを見てもらえることに幸せを置きたい。調子は二の次、三の次かなと思います」

 ――高校球児としても甲子園のマウンドを経験した。
 「同じ気持ちだと思います。負けた瞬間と今回コロナによって甲子園大会のチャレンジができなかったというところではありますけども。ただ、現状で地方大会を個別にやっていく可能性が十分にあるところなので、最初に話した通り今からの生活態度であったり、自分たちの気をつけることで、そういう可能性が見えてくる。いわゆる大人たちが求められていることと同じようなことが学生たちにも求められている。そういう意味では、自分は甲子園大会に出ることよりも、自分たちの各都道府県のメインと言われる球場でプレーすることでも十分に満足できたので。今はそら辛いでしょうけど、すべてが常連校ではないので甲子園の。そういう思いはあります」

 ――当時の経験が今も生きている。
 「練習することであったり、仲間との接し方とか。それよりは学生生活で身につけていく社会人の準備である学校生活の方が我々のようにプロ野球に入ったとしても重要なところではあります、実際に。野球部以外で行われる学校生活、それすら今現状で学生たちはできていないので。そっちの方が心配ですね。本当は」

 ――緊急事態宣言が解除され、開幕も見えてきた。
 「シーズンが始まるかもしれないという高ぶりは十分に感じながら練習をしている。それは僕らと違う業種の方々も含めて同じじゃないですかね。さあ、そろそろ仕事を始めないといけないということも含めまして。大人たちがそこを示していくという必要があると思いますので、やっぱり責任のある行動で、そういう気持ちの高ぶりもすべていい方向にもっていかなければいけないと思います」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月22日のニュース