阪神 寮生は「全員隔離」自部屋での食事に切り替え、風呂も細かく時間分け

[ 2020年4月3日 05:30 ]

阪神の選手寮「虎風荘」 
Photo By スポニチ

 阪神球団は各所への対応に追われた。午前に小幡の体調不良を保健所に連絡すると同時に、それ以外の寮生には自室待機を指示。午後6時に小幡がPCR検査を受けたことを発表し同6時30分からは球団幹部に代わり松尾英孝広報部次長が事態の説明とともに、さらなる感染拡大防止へ向けた対応策をすでに実施していることを明かした。

 「(消毒は)今日、すでに終わりました。(食事は)今日以降はすべて、全員、自部屋での食事に切り替えます。風呂ももっと細かく時間を分けて対応しています」

 2日現在、寮には新型コロナウイルスに感染が確認され入院中の長坂を除き21人が生活している。感染者が出た以降は、細心の注意を払ってきたが、小幡が検査を受けたことでさらに措置を強化した。 

 「他も全員隔離です。小幡と同じレベルの隔離を全員やっている。自分の部屋にいてという(指示)。(検査結果が出るまでかと問われ)そうですね」

 1日には「4・9」再始動も視野に入り始めたが「寮内感染」の可能性も否定できず、少なくとも寮生は隔離状態となること必至。再び激震に見舞われた猛虎が、完全に日常を失った。(山本 浩之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月3日のニュース