プロ野球開幕再延期決定 143試合からの削減も検討…新たな開幕日の「設定は困難」

[ 2020年4月3日 16:49 ]

プロ野球の斉藤惇コミッショナー
Photo By スポニチ

 臨時の12球団代表者会議が3日、都内で行われ、プロ野球の開幕延期について議論された。会議後の会見で斉藤惇コミッショナーは「(事態は)流動的で、(新たな開幕日を)設定するのは困難だと判断した」と言及。新たな開幕日は設定せず、新型コロナウイルスの拡大感染の推移を見極めることになった。

 プロ野球の今季のシーズンは当初、3月20日に開幕予定だった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、最短で4月10日開幕を目指す方針を示していた。その後にさらに延期され、同24日の開幕を目指していたが、この日の会議でさらなる延期が決まった。

 今後について斉藤コミッショナーは「推移を見極め、4月下旬から5月上旬には開幕の日程を決めたい」とした。また、シーズン143試合については減らす方向で、その際は公式戦を最優先する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月3日のニュース