巨人ドラ2太田、プロ初先発で5回途中1安打1失点 4四球を反省「持ち味の真っすぐで押せるように」

[ 2020年4月3日 15:55 ]

宮崎キャンプでブルペン投球する巨人の太田
Photo By スポニチ

 巨人のドラフト2位・太田龍投手(21=JR東日本)が3日、ジャイアンツ球場のファーム練習で行われた紅白戦でプロ初先発。4回2/3を投げ、1安打1失点のデビューを飾った。

 最速153キロの右腕は白組で先発。制球に苦しみ4四球を出しながらも5三振を奪い、4回2死まで無安打投球。4回2死二塁で若林に中前適時打を浴びてマウンドを降りた。

 「四球を4つ出してしまいボールもばらついてしまった。1安打とヒットは打たれていませんが、持ち味の真っすぐで押せるように、カウントを悪くしないように磨いていきたいです」と1軍の舞台を目指し、さらなる成長を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月3日のニュース