巨人・古川「もう一度、フォームも投球も…」 紅白戦で猛省

[ 2020年4月3日 14:57 ]

巨人の古川投手
Photo By スポニチ

 巨人・古川侑利投手(24)が3日、ジャイアンツ球場のファーム練習で行われた紅白戦に紅組の2番手で登板。1回無安打も、自らの暴投で1失点を許した。

 3回からマウンドに上がり、1死から1番・湯浅に四球。味方の失策も絡んで2死二、三塁のピンチを招くと、4番・北村の初球に痛恨の暴投で先制点を献上した。

 昨年、楽天からトレード移籍し、今季はロングリリーフなどフル回転が期待される右腕は「イメージ通りのボールもあったが、1アウトから変化球が定まらず反省すべき点が多かった。この時期でもう一度、フォームも投球も見つめ直し、全体的にレベルアップしていきたい」と猛省した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月3日のニュース