巨人主力組が個別調整 菅野はブルペンで30球

[ 2020年4月3日 16:43 ]

巨人・菅野
Photo By スポニチ

 巨人の主力組は3日、川崎市のジャイアンツ球場で個別調整を行った。菅野智之投手(30)がブルペン投球を行い、捕手が立った状態で約30球を投げ込んだ。また投手では、鍵谷が25球、中川が20球、田口が30球の投球練習を行った。

 野手では炭谷、小林、大城、亀井、丸、坂本、岡本、中島、吉川尚らが調整。キャッチボール、ノック、ティー打撃、フリー打撃などで汗を流した。

 巨人は4日までとしていた主力選手の個人調整期間を、3月31日に「当面の間」に延長。3月26日から10日間を予定していた一時解散だが、現状は期限を設けないことになっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月3日のニュース